GitHub上のiText 5

iText 5は、オープン・ソース・プロジェクトおよびクローズ・ソース・プロジェクトのスイートです。[GitHub]では、すべてのオープン・ソース・プロジェクトのソース・コードを使用できます(https://github.com/itext/)。

Java開発者は、次のプロジェクトを複製できます。

  • iText Core: PDFドキュメントを作成、処理、および編集できるコア・ライブラリ。

  • iText PDF/A: PDF/Aドキュメント(ZUGFeRDインボイスを含む)のアドオン。

  • iText Xtra: OCG削除、改訂、リッチ・メディア、地理空間機能など、追加機能を備えたアドオン。

  • XML Worker: シンプルなHTMLやCSSをPDFに変換できるアドオン。

  • iText RUPS: PDF構文を調査および更新するためのツール。

これらの iText CorePDF/AXtra 、および XML Worker jarは、[GitHubのリリース・ページ]から1つのZIPファイルとしてまとめてダウンロードできます(https://github.com/itext/itextpdf/releases/latest)。ただし、 RUPS のリリース・ページは別途設けられています。

XFA Worker は、動的フォームを処理できるクローズ・ソース・アドオンです。ライセンスの取得方法については、ダウンロード・ページ をご覧ください。

Mavenの従属関係

Mavenを使用する場合は、次の1つ以上のXMLスニペットをpom.xmlに追加して、中央リポジトリからiTextをダウンロードします。

<dependency>
  <groupId>com.itextpdf</groupId>
  <artifactId>itextpdf</artifactId>
  <version>5.5.9</version>
</dependency>

<dependency>
  <groupId>com.itextpdf</groupId>
  <artifactId>itext-pdfa</artifactId>
  <version>5.5.9</version>
</dependency>

<dependency>
  <groupId>com.itextpdf</groupId>
  <artifactId>itext-xtra</artifactId>
  <version>5.5.9</version>
</dependency>

<dependency>
  <groupId>com.itextpdf.tool</groupId>
  <artifactId>xmlworker</artifactId>
  <version>5.5.9</version>
</dependency>

詳しくは、中央リポジトリにある成果物com.itextpdf およびcom.itextpdf.tool をご覧ください。

XFA Worker およびiText ライセンス・キー は、[iText Artifactoryサーバー]から入手できます(https://repo.itextsupport.com/releases)。[Mavenのマニュアル]で説明しているように、このサーバーは、pom.xmlまたはsettings.xmldistributionManagementセクションに追加リポジトリとして追加できます(https://maven.apache.org/pom.html#Repository)。

<distributionManagement>
  <repository>
    <id>iText Repository</id>
    <name>iText Repository-releases</name>
    <url>https://repo.itextsupport.com/releases</url>
  </repository>
</distributionManagement>

この後、 XFA Worker およびiText ライセンス・キー を従属関係として追加できます。

<dependency>
  <groupId>com.itextpdf.tool</groupId>
  <artifactId>xfaworker</artifactId>
  <version>5.5.9</version>
</dependency>

<dependency>
  <groupId>com.itextpdf.tool</groupId>
  <artifactId>itext-licensekey</artifactId>
  <version>1.0.4</version>
</dependency>