手元に置いておきたいコード

特定の分野でプロジェクトの進め方がわからなくなった場合でも、iTextを使用中に特定の分野で問題を解決したい場合でも、おそらくこのページで解決法が見つかります。最新のリポジトリから直接、当社の開発者自身によって記述およびテストされたサンプル・コードを提供します。お探しの内容が見つからない場合は、 商用ライセンスをお持ちの場合、開発チームに[JIRA]で直接連絡できます(https://jira.itextsupport.com/secure/Dashboard.jspa)。

手元に置いておきたいコード

カテゴリ

構築ブロック

iTextには、チャンク、フレーズ、パラグラフ、リストなど、ドキュメントを作成するための一連の構築ブロックが付属しています。


テーブル

多くのドキュメントで、説明の記述にテーブル形式が使用されます。PdfPTableは、iTextで最も頻繁に使用されるオブジェクトの1つです。


ページ・イベント

ページ・イベントを使用すると、ドキュメントを開いた場合や閉じた場合、ページを開始した場合や終了した場合、パラグラフを開始した場合や終了した場合に、コードを自動的に実行することができます。